テキサスリグの使い方コツ、アクション方法をまとめました。

1

テキサスリグで釣ろうと思いっていても苦手意識がある人もいるのではないでしょうか?

自分も最初はちっとも釣れなくてテキサス=坊主のイメージだったのであ、あまり使わなかったのですがコツなどを覚えてから徐々に使うようになってきました。

今ではランカーも釣れるようになってきます。

テキサスリグにはただ単に投げるっ!ではなくてやっぱりちょっとしたコツがあるので、「テキサスリグのコツ」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

テキサスリグのコツとは?

 

テキサスリグを上手く使いこなすにはまず

テキサスリグを釣れるポイントに投げ込むこと

コレが大事です。

なんか当たり前のような気がしますが、実はこれってかなり重要なことなんですね。つまりキャストの精度を上げていったほうがよりバスの釣れる釣果があがります。

このキャストコントロールが自分は苦手だったので、中々狙ったポイントにキャストすることができていなかったんですね。

 

めっちゃ手前だったり、思いっきり陸にキャストしちゃっり。。結構散々でした。なので「狙った場所にまず投げれるようになること」が一番大事なポイントです。

テキサスリグというのは点で釣る釣り。

なのでこの点で釣るということは狙った場所に投げないと当然釣れる可能性もグッと下がってくるわけです。そこらへんを意識してキャストを練習していきましょう。

フォール中に注意する。

ある程度投げれるようになったら、次はフォールを意識しましょう。

フォールには主に

  • カーブフォール
  • フリーフォール

がありますよね。

カーブフォールはラインを張った状態でフォールさせることで、フリーフォールは糸をたるませながら落とすことで真下にフォールします。

ではどっちがいいでしょうか?

 

釣果があがるのはフリーフォールなんですね。

カーブフォールも釣れるのは釣れます。ただカーブしてくる分落下した時に、どうしても手前側に落ちますので狙った場所からかけ離れること。

あとカーブだと乗らない、、なんてことありませんか?

理由は定かではないですがバスを口を使うのは明らかに落ちます。

 

なのでフリーフォールを意識しましょう。ただラインをたるんたるんにしてフリーフォールをしてしまうと、今後は逆にアタリがわかりにくいんですね。

フォールさせるときは「フリー気味にラインを若干張る」そんなイメージでフォールさせてみてください。

カーブフォールはいらないの?

じゃあテキサスリグではカーブフォールはいらないのか?

というとそういうわけではないんですね。

カーブフォールを使う場面というのはピンポイントで杭などを狙う時です。カーブを意識して釣るのであれば少し遠くに投げて、カーブして着地したら杭辺りにくるようにキャストします。

 

そうすることでダイレクトに狙えます。カーブで釣りたい人だったり、フリーフォールが難しい人はそういった感じで狙いましょう。

ただテキサスリグはフリーフォールを極めた方が明らかに釣果が上がるので、

  • カーブはフリーフォールで反応がないとき

なんかに使ってみるという感じで基本的にフリーを意識していくといいですね。

 

テキサスリグのシンカーを極める。

キャストに自信がない人はシンカーを重すぎないようにします。シンカーが重すぎると中々思ったところにコントロールが難しいからですね。

慣れてきたら、徐々にシンカーの調整を行ってください。

 

また人それぞれ、ミディアム使っていたり、ロッドの長さ、リールが違うのでシンカーは何グラムがいいっ!というのはないんですが、

とにかく投げやすく、底を感じやすい重さ。」これを意識してシンカーの重さを選んでいきましょう。

カバーなんかに入れるときにはシンカーの重さでカバーインしない重さもでてきますので、ヘビーカバーには重さを重くしてすり抜けやすくしましょう。

カバーでの誘いアクション方法は?

カバーでは先ほどいったようにシンカーですり抜け重視で考えます。

そしてすり抜けたら、底をとって軽くトントンとアクションを入れてみてください。

そこで反応がなかったら回収。これを繰り返していきます。

 

カバーでテキサスで反応するとしたら

  • 底に着底したとき
  • テキサスのアクションで反応したとき

です。

なのであまり長々と1投にかける時間を長くしても釣果に繋がらないのでリズムよく釣っていきましょう。

 

カバー以外でのアクション方法は?

テキサスリグを使うときというのは

カバーではなく、でかい石があったり、ボトムについていそうな場所を探す時に使います。こういう時は

  • ズル引きをする

ことを意識して巻いてきましょう。

 

基本的には巻いてくるだけなので、ロッドのアタリに集中します。障害物があったり、何かに引っかかりしたなど意識すると水中に何かがあることがわかってきます。

 

水中に何かがあるということは「バスがいる可能性が高い」ということなので、もう一度タイトにその箇所を狙ってみると釣果があがります。

ズル引きをして底のサーチをしながら、ストラクチャーなどを感じたら

  • ピンポイントに狙う
  • 急激な動きでリアクションを誘う

などをそういった場所で狙っていくとバスの反応があがりますので試してみてくださいね。

まとめ

テキサスリグは昔からあるジグですが、使い方を知らないと釣果がガクッと下がります。

少しでもテキサスでデカバスを釣れるようになることを願っています。参考になれば幸いです^^

 

みんなのテキサスリグの感想まとめ

 

スポンサードリンク
1

関連コンテンツ

スポンサードリンク