ノーシンカーリグの釣り方まとめ!ワッキーやおすすめのワームは?

123

初心者からプロアングラーまで様々な人に愛される、ノーシンカーリグ。

必要なものはフックとワームのみ。シンプルな構造だからこそでる強みもありますし、使いやすさもあります。

そんな誰からも愛される「ノーシンカーの使い方」を改めてまとめました。

スポンサードリンク

ノーシンカーリグの魅力とは?

1 (2)

ノーシンカーは実はどんなリグと一緒な使い方ができる上に、色んな使い方できます。

ノーシンカーワッキー」…ワームをちょんがけして食い易さを重視した使い方

バックスライド」…ワームを逆に指して、自分の投げた奥へ奥へとフォールさせる。

グラビングバズ」…表層系をテール系のワームを引くことでバスベイトように使う。

 

などなど一言にノーシンカーといっても色んな姿に変貌できるので、この万能さこそがみんなが使う理由にもなっています。

様々な大会でも実は以外とノーシンカーリグが上位に食い込んでいるという実績があるぐらい安定していてデカバスも口にする、シンプルイズベストだからこそバスに魅力的な存在になっています。

ノーシンカーの使い方とは?

ノーシンカーの1番釣果がでるのはやはり「フリーフォール

投げたらまずラインはたるませながら落とすことがポイントです。フリーフォールはワームが自然とふわふわと落ちてくれるのでリアルな落下スピードを演出してくれます。

キャストをしたら、

まずフリーフォールであたりがあるか、チェックしましょう。”

 

そしてストラクチャーがあるとしたら、直接ダイレクトにフォールさせてみます。バスは落ちてくるものに敏感でファーストアクションでパクッと食べてくれるケースがあるので結構重要な攻め方です。

アタリに関してはラインをしっかりと意識してください。フリーフォール中はロッドへのアタリがイマイチ伝わりにくいです。

なのでしっかり「ラインの動きを見極める」これを意識してアタリを見てください。

ノーシンカーのおすすめの季節は?

基本的にはどんな時期でも釣れます。

ただ避けるべきシーズンは「冬の時期です。」冬の時期はノーシンカーでも釣れそうな感じがしますが、バスはそもそもやる気がなかったりします。

浅い場所にくるやる気があるバスを釣る場合は釣れるかもしれませんが、そんなピンポイントを真冬の時期にやっていると非効率的です。

 

真冬の時期はやはりメタルバイブなどを使った方がいいですね。

【OSP】オーバーライドの使い方や評判は?メタルバイブ人気バス用の全貌。

ノーシンカーを狙う場所は?

ノーシンカーはバスがいそうなポイント全てに対応できます。

  • ストラクチャー
  • 流れ込み
  • 立木
  • アシ

などなど普段からバスがいそうな場所に狙っていきましょう。ただ根がかりが気になるのでしたら、オフセットフックか、ガード付きマス針などで対応しましょう。

ノーシンカーでおすすめのワームは?

ノーシンカーと言っても色んな使い方がありますので、シチュエーション別でおすすめワームを紹介します。

ワッキー

ドライブクローラーは自発的アクションをしてくれるので、フォール中のアタリが多いです。

ノーシンカーでフォール喰いさせるのにおすすめのアイテム。

オフセットフック

誰もが使っているカットテール。

オフセットフックとの相性も◎。

グランビングバス

水面で波紋を立てるのに適したゲーリーヤマモトのダブルテール。

バックスライドセッティング

バックスライド用に作られただけあって人気があります。

グランビングバズで使うには?

グランビングバスで使うにはバズベイトのようなイメージで使いましょう。このブランビングバズを行うのは基本的にはテールが付いているワームを選ぶのが基本です。

逃げている魚を演出したりすることができるので、ブラックバスに気づかせることが重要なのでクリアウォーターなどで使うのがおすすめです。

ただそれ以外のマッディウォーターだとバスに気づかれにくいこともあるので、「チャート系かブラック系」の色を使うとかなり釣りやすくなります。

 

またテールはダブルタイプとシングルタイプがあります。

  • ダブルタイプ…しっかりと巻いてきてバズベイトと同じように
  • シングルタイプ…早巻きでバスにスイッチを入れる

この2種類の使い方が基本です。

ブランビングバズはただ巻いてくるだけというシンプルな使い方ができるのでお手軽なのも売りですね。

カバー狙いのバックスライドセッティング

カバーを値ううのでしたら、ノーシンカーのバックスライドがおすすめです。

バックスライド専用のワームも開発されているほど、今やバックスライドは定番となってきます。

ワームを逆にセッティングすることで今まで届かなかったカバー奥でバックスライドさせてバスのいる場所に届かせることができます。

シーズンはこちらも冬以外の季節に適しています。

ただ秋の場合には色んな場所に散っているので、もし使うのでしたらスピーディな釣りでリサーチしていくように使うとより釣りやすくなります。

フリーフォールは絶対条件ですので、しっかり意識していきましょう。

まとめ

ノーシンカーは様々な姿ができるので、バスを釣るのに必要なリグです。

色んな使い方をすること・投げ抜くことで釣果にしっかり反映されますので自分のノーシンカースタイルを確立して投げ抜いていきましょう。

 

スポンサードリンク
123

関連コンテンツ

スポンサードリンク