ネイルシンカーの代用するならコレ!

ネイルシンカー 代用

みなさんよく使われるジグでネコリグがあるかと思います。

ネコリグにはネイルシンカーが必須なんですが。。。

高いッ!」と思われる方いらっしゃいませんか?自分もその1人で、ネコリグって結構なくしやすいのでネコリグを使いたくないなぁなんて思うこともありました。

そこで「ネイルシンカーの代用」できる品物を今回紹介します!

スポンサードリンク

ネイルシンカーは高いっ?

2017y11m13d_225805634

ネイルシンカーは色んなメーカーから発売されていますが

大体通販で300円で10個

程度となっています。もちろんサイズによっても変わりますが。

ただ一つのサイズだけならまだいいんですが、色んなサイズを選んでいると結構値段がいくんですよw

 

ネイルシンカーはなんで高いと思ったのかというと、「ネジで代用できれば、もっとコスパがいいんじゃないの?」と思ったからです。

自分の会社ではネジをよく発注するんですが、ネジの値段はものすごっく安くて単価1円~3円です。

 

300円も出せば100個~300個も買えるっ!

というネイルシンカーをよく使う人は魅力的な値段です。ここまで安いとタダみたいなものですw

ネイルシンカーはネジで代用できるのか?

1

では実際にネジって本当にいけるん?て話なのですが、そこらへんもっと深堀りしていきました。

ネイルシンカーの値段とネジの値段を比較してみました。

・ネジ

3mmのサイズで1cm。

これで3円です。

10個買っても30円となります。

・ネイルシンカー

カツイチのネイルシンカー

10個入りで195円となっています。

 

仮にこの値段を参考に100個ずつ購入した場合に

  • ネジ→300円
  • ネイルシンカー→1950円

明らかにネジが安いのがわかりますね。

しかもネジは2mmごとにサイズを選ぶことができます。自分の好みのサイズも実際に買うことができるです。

そしてやっぱコスパがいいですねw自分は調子こいて200個ぐらい買いましたが、無くならないんじゃないか?ぐらい余裕たっぷりです。

ネジはどんな種類を選ぶべき?

ここでネジについて、少し種類を注意するべきことがあります。

それはネジの種類です。一言にネジっ!といっても色んな種類があります。ネジには

  • アルミ
  • ステン
  • 真鍮

となっています。

ここで選ばないといけないのが、「SUS製品」を選ばないといけないことです。

他の製品は水に弱く錆びたりするものもありますので、必ずSUSと表記しているものを選んでください。

ネジをみると”クロームメッキ”というものもありますが、これはメッキがしてあるネジなのでおすすめしません。サビる可能性大です。

ネジの形はどれがベスト?

同じくネジ!

と言っても色んな種類があります。

皿ネジだとこんなタイプ。

 

タッピングネジだとこんなタイプ。

 

とまー色んなネジが存在するわけですが、どのタイプのものでもしっくりとはまってくれるのでネイルシンカーの役割を果たしてくれます。

 

ただ個人的には

”ネジ山をぶった切る”

ことをおすすめします。実はネジの頭はちょっと力を入れれば簡単にネジを折ることができます。

ニッパーなどで力を入れれば切れますがもし切れにくい場合にはこういった電工ペンチで切ることができるんですね↓↓

電工ペンチの使い方はこちらの動画を参考にしてください。

もちろんそのままワームにねじ込んでも使えますが、「ビジュアル的にネジ山出てるとちょっと。。」という人は、ねじの頭を切りましょう。

ネジの頭を切ってねじ込んでしまえば、ネイルシンカーっぽくなります。

ネジ→ネイルシンカーにして釣果に変化は?

ネジに代用して全然釣れない。。。

なんてことになれば、ちょっとおすすめできませんが使ってみた感想をいうと「ネジでもネイルシンカーでも釣果は変わらないっ!」という感じです。

もちろん、釣り場所のコンディションや自分のモチベwなど色々とあるのでなんともいえませんが

ネジでも釣れるしネイルシンカーでも釣れる

という結論があるので、ここ数年はネイルシンカーを使わずにネジを代用させて使っています。

ネイルシンカー派?ネジ派?

確かにネジって聞くとちょっとえーーっという人もいれば、安いならいいじゃんっ!という人もいるでしょう。

自分の場合は断然「安いならいいじゃん」派です。

 

ここら辺は自分の好きなバス釣りスタイルを貫けばいいでしょう。断然安いのでコスパを優先したい人はネジをおすすめしますw

スポンサードリンク
ネイルシンカー 代用

関連コンテンツ

スポンサードリンク