見えバス徹底攻略!釣り方・ルアーのおすすめは?

見えバス攻略

よく見える釣りをしていると遭遇するのが見えバスですよね。

一言に見えバスと言ってもなんか釣れなさそうな魚であったり、食い気がある魚がいたりとまちまちです。

見えバスが釣れるように確率を少しでも高めるために「見えバスの釣り方」をまとめました。

スポンサードリンク

見えバスを釣る条件は?

一言に見えバスっ!

と言っても条件が異なると全く釣れなくなります。

まず釣れる見えバスの条件は

  • こちらに気づいていない
  • ストラクチャー絡みにいる
  • 群れで泳いでいる

こういった見えバスは釣れるチャンスがあります。

群れの見えバスは単体でいるバスよりも食い気があります。よくバスを釣り上げている最中に他のバスが喰おうとついてきている場面を目にすると思います。

群れのバスというのはそれぐらい競争心むき出しになる場合があるのでかなりチャンスです。

 

逆に

  • バスと思いっきり目があった
  • 気づいていないつもりがあっちは気づいている
  • ポツンと何もないところにいるバス

など、バスが警戒モードに入るので、特にハイプレッシャーな場所にはかなり釣れにくいので、そういった時はあえてルアーを投げずに時間をおいて入りなおしてみると釣果が期待できます。

 

また見えバスはマッチザベイトでないと食べないバスもいます。釣れやすい条件が揃った見えバスでも全く見向きもしない。。

なんていうバスは

特定のエサしか食べないバス”

という魚も存在しますので、そういった時は潔く諦めましょう。

 

見えバスを釣るときにどうしたらいいのか?

見えバスは一番効果的なのは

こちらの存在を消す」ことにあります。

物陰であったり、草木であったり、隠れられる場所があったら一旦隠れましょう。河川などオープンなどの場所はしゃがむなどしてとにかく隠れることが重要です。

ストラクチャーを有効に使う。

さらに水中にストラクチャーなんかがあればそれを有効活用してください。

バスを狙うときは

直接バスに向けてルアーを投入するのはNGです。

もしもそんなことをしてしまうと、音やいきなり現れたルアーに対して一気に警戒心が増えて全く食べてくれなくなります。

 

なので見えバスを釣る時にはバスの進行方向にルアーを投げるようにしましょう。1番いいのはそこにストラクチャーがあることです。

ストラクチャーがあるとバスが食べてくれやすくなります。

  • カバーがあるならばカバーを
  • 岩陰があるならば岩陰を

とバスの進行方向に意識をおいて見えバスを狙えば釣果がグンッ!とあがってきます。

バスに自然に食べてもらうことを心がける。

バスがいくらスれていたとしても、捕食は必ずします。なのでよりルアーが自然に見せることを重要視してください。

いきなり目の前にルアーが現れてもバスは食べてくれません。「偶然そこにベイトがいたっ!」これを意識して見えバスを釣ろうと意識するだけでバスが口を使ってくれる可能性が高まります。

見えバスにおすすめのルアーは?

見えバスはなるべく一発で仕留めたいので小さいルアーがおすすめです。

 スモラバ

スモラバは定番なので、サイトフィッシングには必要不可欠です。

ストレートワーム

ネコリグやジグヘッドワッキーやノーシンカーワッキーなどが有効です。

ナチュラルに釣りたいときにはこれら二つがかなりおすすめです。

ドライブクローラースナッグレスネコリグなんかに使うのも効果的です。

ドライブクローラースナッグレスネコリグの使い方まとめ

例外的な見えバスにはこのルアーがおすすめ!

ナチュラルに見せたり、群れでいても中々釣れない場合があります。

なので一発でスイッチ入れるルアーがあるので、もしも持っている人はこちらを使ってみてください。

普通こんなルアーは投げませんよね?w

でも絶対こっち気づいていない状態でストレートワームやスモラバを試しても釣れないバスにえいやっ!と投げてみたら、バスにスイッチが入ってデカバスを釣ることができました。

 

一般的な常識が通じない相手にはこちらも常識外のことをすると釣れたりします。バスにスイッチを入れるために思いっきりジャークさせてみてください。

ここまで来たら賭けになりますが、釣れた時はかなり嬉しいですね^^

まとめ

とにかく身を潜めていきましょう。これに尽きますw

バスに自然な演出をすることがかなり大前提になってきますので、ここを意識して見えバスを攻略してみてください。常識外にはイチかバチかジョイクロみたいなルアーもかなり効きます。

釣れないなら試す価値ありです。自分が持っている常識外なルアーで挑戦してみてもいいですね。

スポンサードリンク
見えバス攻略

関連コンテンツ

スポンサードリンク