【おかっぱり】冬のバス釣り。ルアー選びとポイントとコツ、徹底攻略方法は?

1

 

寒波が訪れて、冬到来になってくるとバス釣りも少し遠ざかるようなシーズンに差し掛かります。

ただそれでも冬にバスを釣りに行くとデカバスが釣れる可能性が高いっ!

しかも寒い冬の中バスを釣れた時の喜びはいつもの倍は嬉しいものです。そんな冬でのバス釣り、「釣果を少しでもあげるためのポイントやコツ」などをまとめてみました。

スポンサードリンク

冬にバス釣りをする場合狙うべきポイントは?

シャローエリア

1

基本的には水温がもっとも安定している水深があるディープエリアにいることが多いです。

ただそこから近いシャローエリアはかなり狙い目。バスも冬は動きが鈍くエサを捕食をあまりないですが、そういったシャローエリアに小魚を求めて回遊することがあります。

シャローエリアはそういったバスを狙うべきポイントの一つですね。

シャローエリアにおすすめのルアーは?

シャローエリアは定番である、

  • シャッド系のルアー

が適しています。

こちらはなるべくゆっくり巻いて、広範囲にランガンしていくという感じがいいですね。バスがいるかどうかのリサーチなので、「同じポイントを何度も入り直す」ということも効果的です。

 

また少し沖気味に投げてシャロー付近にきたら、少しジャークをさせるのもポイント。ジャークをさせることで捕食しに来たバスにさらにスイッチを入れやすいです。

冬にシャローにきているバスはやる気があるバスなので、ジャークを入れて誘うのも釣果をあげる一つのポイントです。

ハードボトム周り

2017y11m20d_183036438

やはりボトム周りは鉄板。

その中でもコンクリート護岸などがおすすめ。コンクリートは熱を吸収しやすいので、冬といえば日差しが強い日には水温が上昇しやすい場所です。

バスが冬になるとなぜか居付く場所なので、野池や自分のフィールドにそういった場所があったら是非チェックして欲しい場所ですね。

ハードボトム周りでおすすめのルアーは?

シャロー系と同じく

  • シャッド系のルアー

こちらがおすすめです。

中層を意識している時には早巻き
ボトムを意識したい時は遅巻き

こちらを使い分けて巻いてきましょう。

 

消波ブロック周り

1

消波ブロックは波風がないので、比較的水温が安定しやすいです。さらに日差しが照っていると水温上昇に繋がるので多少ですが活性があがりやすいですね。

穴撃ちをしてバスを釣る鉄板のポイントです。

 

消波ブロックを攻めるときには、なるべくピンポイントで沢山撃つこと釣果に繋がります。バスは基本動かないので、バスの目の前に撃たないと釣れません。

なので何十回、何百回と撃つつもりでこまめに穴の中に落としていくといいですね。

 

またアタリがあってもバスが咥えてしまって、アワセるとラインが切れる。。。という冬の貴重なバイトを無駄にしてしまう可能性がありますので、神経を研ぎ澄ましてアタリがあったら、すぐにアワセましょう。

消波ブロックに適したルアーは?

  • ネコリグ
  • ダウンショットリグ
  • スモラバ
  • メタルバイブ

こちらが一番適しています。

バスにとって一口サイズであって、食い気がなくても食べてくれるサイズ感です。リグの重さは重くしたりしてストンと落としてどんどん穴を撃っていきましょう。

穴撃ちをする際には

ボトムまで落として少し浮かしてシェイク。

これの繰り返しです。

 

粘って釣るというよりかは、食べてくれるバスを探すという感じでどんどん穴撃った方が効率的に探れます。

 

ただメタルバイブの場合は根がかりしやすいので慎重にキャストしましょう。

深場エリア

1

深場に届くような場所で釣りをする場合には是非狙いましょう。

ここを狙うときには

  • メタルバイブ

こちらを使います。

深場にいるバスは基本的にはやる気がありません。なのでリアクションでの釣りになってきます。ボトムまでつかせてからシャクってジャークさせて釣っていきましょう。

 

野池なんかはメタルバイブで狙うのには一番適しているので、冬野池に行く時は欠かせないアイテムですね。

その他、水温が安定している場所。

温排水など冬の定番ポイントにはバスも確かにいます。

ただ人も多い。これがデメリットですねw

バスはそこしかいないわけではないので、しっかりと水温が安定している場所を自分で見つけて探したほうが釣れるということもあります。

 

また風向きや流れなんかも要注意です。

水温が基本低い状態なので、いかに水温が安定しているポイントを探すかがポイントになってきます。

  • 全く風が当たらない場所
  • 日中日が当たる場所
  • 川などのたまり場

などなど、実は冬場は限定的な場所にしかいないので探しやすいといえば探しやすいんです。ただ口を使ってくれるかどうかはまた別問題です。

冬のバス釣りで気をつけるべきポイントは?

天候が大事になってくる。

1

やっぱり天候が釣果をあげるのには重要なポイント。

釣りに行く日だったり、釣りに行く前の2日間ぐらいは天候をチェックしましょう。天候が悪いと

”冬×天候悪=釣れない。”

という方程式が成り立ってしまいます。

なので冬でも安定した陽気だったり、晴れが続いている日を選ぶといいですね。

 

シャローを狙うなら夕マズメ。

1

小魚は夕マズメにシャローに集まる傾向があります。なのでそれを分かっているバスはその時間帯に現れることが多いです。なので夕マズメなどを狙っていくといいですね。

ただ食べるベイトによって時間帯が変わったりしますので、

自分のフィールドのシャローに小魚がいるかどうか

これが釣れるかどうかの分かれ目になったりしますので、しっかり水中をチェックしましょう。

防寒着は絶対不可欠

2017y11m20d_183550905

冬は防寒をしっかりと整えてから釣りをしましょう。

自分の場合はスノーボードのウェアなんかを着てますw釣りのブランドにこだわる人はそちらを、自分みたいにこだわらない人はワークマンなんかがおすすめです。

ワークマンは外現場用の防寒具が揃っているので冬釣りをするのに万全な格好で釣りができます。

まとめ

冬は限定的な釣りになってくるので的が絞りやすいです。

あとは釣れるように頑張るだけ。。ですねw

冬はとにかく寒さと根気強さがいります。しっかり自分のフィールドで勝負できる釣り方でデカバスを狙いましょう。

スポンサードリンク
1

関連コンテンツ

スポンサードリンク