ブルフラットの3インチ使い方まとめ!おすすめのジグは?

1

ブルフラットは発売されて結構月日が経ちますが未だに人気のギル系ワーム。

一昔前だと都会では入荷してもすぐに売れ切れ状態です。

そんな「ブルフラット3インチの使い方」について今回改めて解説します!

スポンサードリンク

ブルフラットとは?

見た目のとおりにブルーギルをモチーフに作られました。

ブルフラットはギルパターンがはまらないような場所でもしっかりと釣果を出してくれるワームです。

おすすめのジグは?

ここでは、おすすめのブルフラットのジグを紹介します。

ブルフラットは色んな箇所でも使えるのでシチュエーションなんかも交えて紹介していきますので、ご自身にあった場面を想定してジグを選んでみてくださいね。

ヘビダン

レッグ系のワームに適したリグなんですが、ヘビダンで使ってみると釣果が違いました。

バイトの数もよく釣れる印象です。理由はわかりませんw

ただなんせこのヘビダンを使うといつも行っている野池や湖なんかでよく食ってくるんですね。使い方はボトムを意識して投げていくだけです。

釣れなかったら次々と投げていきましょう。

ヘビキャロ

私のフィールドではヘビキャロを使いにくいです。

ただ琵琶湖にかなり威力を発揮します。琵琶湖ではやはりおかっぱりからは遠投がメインになります。このブルフラット3インチはとにかく釣果がでると言われているんですね。

使い方は

キャストしたらとにかくゆっくり巻いてくる

これを意識しましょう。
これでもかっ!ぐらいゆっくり巻いてくることがポイントです。ここで早巻きしてしまうとなぜか釣れません。そこが注意点ですね。

テキサスリグ

テキサスリグは基本的にオールラウンド釣れます。

どの場所でもブルフラットのポテンシャルを十分に発揮できるリグです。もしも悩まれた場合にとりあえずテキサス。とだけ覚えておくといいですね。

ノーシンカー

テキサスリグに続いて基本的な使い方。

ただ3インチなので中々飛ばないので弱点です。「ピンポイントで狙える場所や○○水系」などで使うのが一番適切です。

ノーシンカーの特徴はフォール中にフラッフラと水の抵抗を受けながら落ちていくのでランダムな動きをします。

これを誘いとなってバスの口を使わせる結果につながります。

ブルフラットのおすすめのフックサイズは?

ブルフラットが推奨されているのは

”#1/0~#2/0”

この範囲で使いましょう。

ブルフラットは薄い割にワームのボディが大きいので(平べったい)ので、フックのサイズは刺し方には十分気をつけましょう。

まとめ

ブルフラット3インチは小さいので扱いやすい形です。

かなり小さいサイズですので飛距離が難点ですが、リグ等で補って使いましょう。今で通販では売り切れていて品薄が続いてます。

品薄が続く=釣れる

という証明であるのでぜひ手に入れたいワームの一つですね。

スポンサードリンク
1

関連コンテンツ

スポンサードリンク