ビフテキリグの使い方とメリットデメリットについて詳しく解説しました。テキサスリグとどう使い分ける?

2016y09m22d_154531950

ビフテキリグについて詳しく解説したいと思います。

使い方にくせがあったり、テキサスリグや他のパンチショットリグなどとの細かな違いなどを交えて解説してまとめてみました。

スポンサードリンク


ビフテキリグとは?

 

ビフテキリグは正式名称は(BE-FREE-TEXAS)といいます。

基本的には考え方としてはテキサスリグとパンチショットリグの中間の位置づけと考えていいですね。使い方をしっかりと見極めればテキサスリグ・パンチショットリグではできないような釣り展開できるので自分の戦略の1つとして加えたいリグです。

テキサスリグとの違いは?

1-2

テキサスリグとの違いはフォール中の動きが決定的に違います。

  • テキサスはリグのワームが水平にフォール
  • ビフテキリグはリグのワームは垂直に落下

するというところが違いがあります。

なのでカバーを攻めるときにはすごく有効で、リグを垂直に落とした方がワームのポテンシャルはしっかり発揮できるのでビフテキリグはフォールでの動きで誘うときに有効です。

 

パンチショットとの違いは?

1-2

パンチショットとビフテキリグは似ていてどちらもフォール中は垂直に落ちるのが特徴です。

ただパンチショット深いヘビーカバーや水深がある琵琶湖などで使うのが効果的ですがおかっぱりではビフテキリグを使った方がいいですね。

おかっぱり版パンチショットリグだと思ってビフテキを使うようにしましょう。

ビフテキリグのメリット・デメリット

メリット

ビフテキリグは垂直に落ちるので簡単にドライブクローなどのクロー系ワームを使うのにおすすめです。

おかっぱりでカバーやフォールで誘う釣りをしたい場所で釣果に差がでることがあります。

デメリット

ビフテキリグはシンカーの中から途中でラインがでている構造になっているのでシンカーの位置がしっくりこない場合があります。

そういった場合にはしっかりフックの結び目からでているラインを切ったり、シンカーに少し遊びを作る手度にストッパーを調整する場合が出てくるので、扱いが他のリグより若干のくせがあるのが弱点でもあります。

 

まとめ

ビフテキリグはパンチショット(直リグ)とテキサスリグのいいところどりのような使い方ができるのでフォール食わせに最適です。

ただデメリットでお話したように少しくせがあるのをわかった上で使用していくようにしましょう。

みんなのビフテキリグ感想まとめ

 

スポンサードリンク
2016y09m22d_154531950

関連コンテンツ

スポンサードリンク