バスロイドjrトリプルダブル使い方解説!リアルベイト感100%でバスに食わせる!

2016y07m12d_184410016

バスロイドjrトリプルダブルは入手困難になるほどのジョイントベイト。

イマカツから発売された少しややこしい名前の?ルアーですがどんな特徴があるのか解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

バスロイドjrトリプルダブルとは?

数々のランカーサイズが釣れることで有名なバスロイドのサイズダウンモデルです。

ただ名前がややこしい、ダブル?トリプル?どっち?w

みたいに感じますよね。

  • ダブルはアイの数
  • トリプルは関節の数

を表しています。

バスロイドjrのダブル

2016y07m12d_183651461

ダブルアイはアイが二つあってそれらが違う動きを演出してくれます。

クランキングモード(シルバーアイ)
シルバーアイはクランキングモード。
ロールは少なくより魚っぽいアクションに。大型リップがフロントフックを
しっかりガードし、根掛かりの危険性を低下させます。
引き感も軽く疲れにくい。

ウエイキンモード(ブラックアイ)
ブラックアイは最大深度30cmのウエイキンモード。
側面を見せるように大きくロールし、ピンスポットでデッドスローに誘うことに
長けてます。
もちろんウイードエッジなどの線を流す釣りも得意としています。

 

バスロイドjrのトリプル

2016y07m12d_184410016

バスロイドでは成し得なかったなめらかな動きが可能になりました。

大きくアクションを加えることでダートしてリアクション食いにも効果ありですね。

 

また大きなリップのおかげで根がかりしにくい設計になっています。
ルアー投げて値段結構するのにロストしたらその日テンション下がってしまいますよねw

 

バスロイドjrトリプルダブルの使い方は?

上のアイと下のアイをうまく使いこなすことで釣果が全然変わってきます。

上のアイ使用時

あまりロールをさせない自然な動きが特徴です。
クリアだったり魚にアピールさせなくても十分大丈夫な条件下で使うのがおすすめ。

下のアイ使用時

ロールを激しくしてバスに猛烈なアピールをします。
なので濁りが入っていてバスが気づきにくい場所やリアクション食いをさせるときに効果ありです。

まとめ

バスロイドjrトリプルダブルはランカーサイズを狙うのにうってつけです。

サイズダウンしたことで操作性があがった分、ストレスなく釣りがしやすくなります。自分で表層を泳がせたり、中層を泳がせたりしやすいので色んな層を狙いやすいのもいいですね。

使いやすさ◎のジョイントベイトです。

 

スポンサードリンク
2016y07m12d_184410016

関連コンテンツ

スポンサードリンク