ネコリグの動かし方、アクションの付け方は?

2017y11m18d_195959150

ネコリグは昔発明された当初はかなり釣れる!と話題になっていました。

そこからネコリグは今ではバスプロを含め、バス釣りをする人は愛されているリグですね。

「そのネコリグの動かし方、アクションの付け方」を今回まとめてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ネコリグを使い方は?

カバー周り

カバー周りではカバーの際を狙うのが主流です。

ですがプレッシャーの高い箇所などではバスの口を使わせるのは至難の技。そこでカバーの中をロッドつっこみ、カバー中に潜んでいるバスにもアクション誘いましょう。

2017y11m18d_144607579

もしもブッシュ周りを攻める場合には、

”スナッグレスネコリグ”

を使うとワームのロストが激減します。

ドライブクローラースナッグレスネコリグが釣れすぎるw

またなるべくロッドからラインを垂らさないようにして、そのままゆっくりブッシュに落とし込むとルアーを水中に落とし込むことができます。

 

ただブッシュ周りはちょっと抵抗が。。。

という人は無理に狙わずにリグをテキサスリグ等に変えて、狙ってみるのも一つの手です。

ロッドの持ち方は?

フッキングをするときにはガッツリ両手で合わせますが、細かなアクションと微妙なアタリをチェックするのには片手で軽く持つようにするようにしましょう。

基本的に楽にもってピンポイントを何度もチェックしていくので、長い釣りには疲れないのがネコリグの特徴ですね。

カバー周りのアクションの付け方は?

2017y11m18d_185701414

カバー周りの場所ではまずボトムにストンと落とします。これで「リアクションで狙うこと」が可能になります。

もしもリアクションで反応がない場合にはそのままピックアップして、しっかり水面付近でシェイクして誘いを入れてみましょうここでアクションがなければ回収して次のポイントに移ります。

結構ブッシュだと水中が狭くてバスが気づきにくい場合がありますので、同じブッシュを何箇所も撃つことをしていくといいですね。

カバーの中でのロッドのレンジの調整は基本的に「ロッドを角度を調整することでレンジを合わせる。」ただ低すぎるとフッキングしにくいので”やや立て気味”に構えるように意識したいですね。

カバーの中層を探りたいときは?

カバーの中層を探いたいという時には(水深が深い場所など)糸による感度が重要。

カバーにいれたら糸をしっかりともっと直接糸の感度でアタリをチェックするのがおすすめ。

カバー以外のボトム周り

2017y11m18d_194039792

ボトム周りのアクションの付け方は?

カバーなどではなく、例えば立ち木。

そういったピンポイントを狙うときにはまずボトムに落とします。そこからワームを回収するまでは最後まで小刻みシェイク。

その中でもラインをふわっとさせながら、ゆっくりリールを巻いてみたりするとまるで「生きた虫が水中で動いているような演出」を加えることができます。

立ち木や杭などを攻める場合

まず杭には直接狙うよりも少し遠目を意識して投げます。

そこから

  • フリーフォールで周辺をリサーチ
  • カーブフォールで直接リサーチ

するという風に投げ方を変えるだけでバスのアタリも変わってきます。

直接しか狙っていない。という人こういった分け方で狙っていくのもありですね。

 

ネコリグの合わせ方は?

2017y11m18d_194223800

カバー周りなどは直接リグから伝わりやすいのワンテンポ置いてからフッキングしましょう。ネコリグはリグの特性上、ワームの中心にフックがあるので、フッキングを早くしてしまうとアワセを失敗するケースがあります。

これは自分もよくやりますw

なのでカバー周りには焦らずじっくり待ってからフッキングをするとしっかりバイトが取れるようになります。

 

ただカバー周りではない場所を狙う場合には

”アタリを感じたら他のリグのように合わせる”

これがベストです。

カバーは直接アタリがわかりますが、他の杭など少し投げて釣る場合には、風の抵抗や飛距離の分ややフッキングに遅れが生じてしまいます。

なのでフッキングをする場合にはやや早めに合わせるようにしましょう。

  • カバー周りはワンテンポ遅く
  • 投げて使う場合にはアタリがあってからすぐに

と覚えておくといいですね。

 

カバーや通常の使い方とは別の使い方は?

サーチベイトとして

2017y11m18d_200413009

ネコリグっ!

と聞くとなんだからピンポイントな釣りの「点」というイメージが強いですよね?

ただ他の使い方としてはネコリグをサーチベイトように使うやり方もあります。

サーチベイトとはスピナーベイトや巻物系のことを指しますが

「そんなもん効率悪いじゃん」
「いや?水門カバー鉄板でしょw」

というのが昔の感覚でしたw

ただちょっと巻物系だなぁってときにあえてネコリグを遠投して巻いたんです。そうするとスピナベやクランクなどに反応しないのになぜかネコリグで釣れちゃう。

なんてことが起こったんです。

 

これはバスの食いっ気が原因です。

巻物だから確かに広範囲にリサーチするのに適しています。ただネコリグでも届くような場所ではリサーチで使うのもありです。

バスがその時にスイッチが入るルアーが違いますので、ネコリグが食べたいという魚に効くということです。ネコリグオンリーでリサーチするのはどうかと思いますが

ネコリグをリサーチベイトの一員に加える」という感覚で使うのがかなりおすすめです。

 

シンカーの重さを変えてアクションをとる。

2017y11m18d_200214133

実はネコリグのシンカーって結構重要で

”重めのシンカーを付けるのか、軽めのシンカーを付けるのか”

これによって使い方が全く変わってくるんですね。

軽めのシンカーでネコリグで誘う。

軽めのシンカーをつけると、主に中層を狙うような形になります。

中層を攻める時に巻きながらアプローチをして、フワッとフワッとさせながら水中を漂わせることができます。これは色んな秋のパターンなんかに有効です。

秋といえば色んな場所に散っていて、泳いで魚を追いかけるブラックバスもいれば様々です。そんなバスに対してこの軽めのシンカーはバスを口を使わせやすくなるんですね。

重めのシンカーでネコリグで誘う。

重めのシンカーは今度はカバー周りに適しています。

これは水面からボトムまでのスピードをつけさせるためです。これは居付くバスにスイッチを入れさせる、点で釣るネコリグのリアクション食いを狙うことができます。

 

カバーが沢山あってテンポよくいきたい。」時なんかはリズムよく釣りすることができるのでテンポ重視でランガンしたいときはこちらがおすすめです。

まとめ

ネコリグは数が釣れるイメージですが、しっかりとデカバスも狙えるので初心者から楽しめるリグですね。

ただ戦略を立てればしっかりとデカバスを狙うことができるのでいいです!ただ数もやっぱり多くなるのでデカバスを狙う人にとったらデメリットにもなります。

 

うまくネコリグをポイントポイントで使い分けてデカバスを釣ったり数を楽しんだりしていきましょう。

スポンサードリンク
2017y11m18d_195959150

関連コンテンツ

スポンサードリンク