オリカネ虫で釣果を上げる為にするポイントまとめ

オリガネ虫

OSPのオリガネ虫。

デザインはシンプルなのがやはりOSPの特徴と言えるますね。しっかりと釣果を上げる為に使い方をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

オリガネ虫の使い方とは?

カバー周り

基本的にトップで誘うことが前提であるのでカバーは欠かせません。

ただアピール力がすっごく弱い。。!
なのでカバーはあまり暑すぎてしまうとバスが気づくことがない=釣れないという方程式が完成してしまうので

「ボリュームがあまりないカバー」

なんかがおすすめ!そこでちょんちょんチョウチン釣りでやる気のあるバスを誘いましょう。少し動かすだけでいいアクションをするので

水面上で焦らしつつ近づいてきた!と思ったら水面に落とすと思わずパックンしてくれる!のを願いましょうwただじらすのにはいい動きするので試してみてくださいね。

 

オーバーハング

木が覆い被さった木陰ができている場所ですね。

こういった場所では水面をピクピクッ!と動かしていかにも誤って落ちてしまった虫です、食わないでください。的動きをさせるのが◎。

このときには水面にラインを落とさないようにしていきましょう。

オープンウォーターは△

オープンウォーターではとっても不自然!

ですので使わないのが吉ですがすぐ近くにカバーやオーバーハングがあるのでしたらそこから泳がせてオープンウォーターで使うのがありかと思いますがそれ以外は他のルアーを使ったほうがいいですね。

 

オリガネ虫の色の選び方は?

1 (2)
オリガネ虫に問わず、グリーン系が一番ナチュラルに見せることができます。ただ夕方や朝まだうす暗いとき、水が濁っているときはチャート系を選びましょう。

いくらナチュラルに見せても状況によってはアピールがうす~くなってしまいますのでシュチュエーションに合わせて色を選んでいきましょう。

 

まとめ

とにかく虫を食べているようなシュチュエーションでしたらどんどん投入していきましょう。

食いっけのあるバスがいきなりバクっ!ってなったり焦らすと思わずバクっと食いつくので試してみてくださいね!

スポンサードリンク
オリガネ虫

関連コンテンツ

スポンサードリンク